ぱぴねん ぺぺう もふりこ ぱぴねん2
 
JUGEMテーマ:愛する小鳥たち
 
宮川動物病院から帰ってきて、お薬を飲んだり、足に塗り薬を塗ったりした、その後の経過を詳しく書きます。


まずは宮川動物病院から帰ってきてからの詳細。


2012年2月22日水曜日
帰ってきて、とりあえずすぐに処方していただいたクリームを塗る。
塗ったとたん、かなり楽そうになった。
でも、ここ1週間の痛さを今日の宮川病院とその行き帰りがかなりしんどかったらしく、もうヘトヘトの感じでご飯もそこそこに寝てしまった。

2012年2月23日木曜日
この日は朝から立っていた。多少羽は出る感じやけどフラフラしながらも動けるようになる。足の赤味は完全にひいた。
ただ食欲はまだイマイチで、今日からミルワームをプラスした。

2012年2月24日金曜日
朝、まだ幕をしてるのに大声でわめく。(こんなん久しぶりの出来事)
朝から立って歩いて、普通にご飯も食べて水浴びまでした。
放鳥時は遊ぶぐらいまで回復。で、元気になるとともに足を噛みだしたんで、お薬を家にあったゲンタシン軟膏0.1パーセントに変えてみる。

あと水浴びしたおかげでコテコテやった頭がフサとなった。
それと、1週間ほど飛んだり動いたりしてないんで、すごい筋力が落ちてるにも関わらず、本人は元気になったんで飛びたくて飛びたくて仕方がない。
で、飛ぶんやけど筋力がないから並行にしか飛べず・・・。
クッションにあたって落ちるというのを3回ほど繰り返してしまった。

なので、すごい注意する必要があり。

2012年2月25日土曜日
今日も朝からわめいていた。
1回目の放鳥時、飛んで落ちるをまたやってしまった。かなり注意がいる。

この日、気づいたんが足の付け根あたりとお腹のあたりが真っ赤になって痛そうやったんで、綿棒の先に少しマイザー軟膏を塗ってやると、とてもラクそうになった。
走り回ってジャンプも出来るようになった。すごい即効性のあるお薬なんでビックリする。

食欲もだいぶん戻りつつある。

2012年2月26日日曜日
足のほうはほとんど前の状態に戻りつつある。
元から左足のほうはちょっとひきづり気味やったんで、ほぼその状態。

食欲が、かなり戻ってきた。粟の穂やオオバコの乾燥させた物、お皿に入ったご飯など、いろいろ食べだした。

この日もマイザー軟膏を少しだけお腹と足の付け根にぬってやる。

2012年2月27日 月曜日
今日も朝からわめいて元気そう。

足の状態もほぼ元どうりで、いい感じ。
連日、掴まれて足にお薬を塗られてかなりストレスやろうから、今日はちょっとお薬はお休みにした。

でも免疫力をあげるお薬は飲んでもらった。

午後やっぱり痛いみたいなんで、腹側は病院のステロイド、脚全体は手作り軟膏を塗る、途端走り回り元気と思われたが・・・ボチボチかな。


★ペペウのケージ詳細

両脚の指がが握った状態なんでクッション付きの改造したモルモットのケージを使っている。

IMG_6193.JPG

下の写真
右上の柄のロフト
左側にあるのがクチバシ砥ぎの紙ヤスリ

IMG_6156.JPG

ダンボールを敷いている

IMG_6157.JPG

次に、タオルを3枚を敷いている(バリアフリーにするため)

IMG_6158.JPG

パネルヒーターをセット

IMG_6159.JPG

麻の布で作ったマット 中は布団の綿が入っている。

IMG_6160.JPG

U字型のマットは、ペペウが入って 足を休めるために来た頃作ったクッション

IMG_6161.JPG

至る所に紙やすりのクチバシ砥ぎを両面テープで張ってある

IMG_6162.JPG

無農薬粟の穂を顔の高さにセット(右の方)

IMG_6163.JPG

ロフトの奥には、丸長のクッション
全てをセットしたら分かると思うけど・・・ここは隠れるスペース

IMG_6164.JPG

歪んでいるけど こんな感じのバリアフリー

IMG_6165.JPG

刻んだチモシーを撒く

IMG_6166.JPG

チモシーの束を作って上からぶら下げている ペペウは引き千切って食べる
そして 無農薬粟の穂もぶら下げてある

IMG_6167.JPG

こんな感じ

IMG_6175.JPG

ご飯などセットした状態

IMG_6168.JPG

外側に、20wのヒヨコ電球 

IMG_6169.JPG

サーモも付けているが、夜専用にしてある。
夜は、暗幕をして寝るんで 25度から30度に設定

IMG_6170.JPG

ヒヨコ電球の横に、水入りの容器 (乾燥し過ぎないように)

IMG_6171.JPG

そして、全体をビニールで覆ってある
空気穴がヒヨコ電球の上に開けてある。

ペペウは、ここで5年と7ヶ月暮らしている。
と今日はペペウの状態とケージの写真などでした。

| 保護スズメ ぺぺう | 13:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 
JUGEMテーマ:愛する小鳥たち

ペペウが股ズレやったとは・・・人間たちはホント情けない 股ズレに気が付かないて・・・
でも 宮川先生が見つけたので ホント病院は最低3件は行かないとな。


んで、昨日一昨日 ステロイドを両腿にタップリ塗って様子を見てたら やっぱり気になるのかクチバシで腹の羽繕いをしだした、先生は食べないようにと(まあ当たり前の事だが)

んな訳で、今日から塗り薬を変えた ゲンタシン軟膏
そして、膝下脚と指には、シアバターとオリーブオイル(バリアーニ)を塗り指伸ばしのマッサージを施した。(民間療法と新薬療法のハイブリット治療)

相変わらず気持ち良さそう・・・

そして、痩せてきてたのでミルワームを久しぶりに買ってきたが、見せたらビビッてしまった。
5年前の事は忘れたのだろう 保護した頃は大好きで食べ捲くってたのに・・・

んで、もう最後の手段としてすり鉢で潰し、ペレットやささ身&枝豆に混ぜ込んで与えた。
どんだけ食べたか本人に聞かないと分からないが そんなこの無理

とにかく この作戦でやっていこうと思っている。

★今日のペペウの写真

IMG_6152.JPG

頭や顔が痒くて 昨日 ケージの格子の間に頭がはまって ペペウは大慌てやった
なんで今日は朝から頭掻き

IMG_6151.JPG

目をつむって気持ち良さそうにペタってた。

★宮川動物病院の話 その2

いろいろ話した中で、だんだんと思いだしてくることがある・・・

先生が、ペペウの名前の由来を聞いてきた
気になったのかな? そんで 答えた。

保護して 暫くしたら ペペウペペウペペウって鳴いてたんで、ペペウになったんです と・・・
その一言で一気に、和んだ雰囲気になり いろんな話に花が咲いた。(まあそれまでも ゆったり和んだ空気はあった)

また、床にチモシー藁を刻んで敷いているって言うと
野鳥は、葉っぱや藁なども食べるんで それで宜しいよ って

もともと藁チモシーは、ペペウの足指に ご飯やフンなどが付かないように と思いしてたが 食べるとは? そう云えば突付いているのを何回も見たし 食べてたんやな。

んで、あと気になってた黒いシロップ 舐めて見た これは 酵素のような濃い味で漢方のようで甘くてドロッとしてた、月曜に経過報告するんで 是非とも中身の詳細を聞いてみたいな。

★パピネンの殿下ニュース!

IMG_6148.JPG

パピ : よかったぜ ペペウ
人間 : ホンマやな
パピ : うん コメントくれた皆や心配してくれた皆さん アリガトピ〜

ペペウ : みなさんありがとう 頑張って治ってみせるぞ〜〜〜
パピ : やった〜

皆さんペペウは健在です。
アリガトウ

今日のペペウでした。 
| 保護スズメ ぺぺう | 11:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 
JUGEMテーマ:愛する小鳥たち

ありがとう 宮川先生 今日 ペペウが両足で何時ものように歩いている
ホントに良かったぜ! ペペウ

IMG_6129.JPG

★写真は今朝のペペウ まったり子してる。

昨日 病院へ行った
初めての病院って やっぱり 緊張の塊だ

気になったのは?切断だ!
でも そんな事せんでよかった。

ながおかエキゾホスピタルでは、野鳥の足の奇形とか 切断してお腹で着地してるのがいる・・・ 

その言葉が頭から離れなかったんで、ビクビク

そして たどり着いた
宮川病院HPから印刷した初診時に前もって書き込む書類を渡した。

ドクターはゆっくり読み話す 紳士だ。

直ぐに入り口のドアに施錠し、飛んでかないようにと心使い
ペペウを手に取り先生に渡し、診察が始まった。

もうペペウも人間Bもドキドキや!心臓が出そうな緊張(ちょっと大袈裟かも)

足をひっぱり 腿まで出され 良く見たら 赤黒い
まあ 保護した時から ももの部分に羽根が少ないし肌が見えてた。

先生は即 皮膚が擦れて炎症 そんな感じで ステロイド&副腎皮質ホルモン剤を処方
まあ ステロイドは即効性があるから良く効くのは知ってたが・・・鳥も人間も同じなんだな

先生曰く 塗り続けても良いが・・・様子を見ないと・・・
また 何か変わった事があったら即 電話をしてくれと・・・

まあ簡単に言えば 股ずれ で皮膚がカサカサになって炎症を起こしたんだ
そやから 太ももに擂れない様にペペウは足を上げ畳んでいた

それと 免疫力を高める 凄く良い薬も処方してもらった。
免疫力を高めるって やっぱり腸内環境なんだろう これも人間とおんなじ

あと 酵素も配合されているのやろうか?
電話した時に 忘れず聞いてみたいな

んで、とりあえずは2・3日ステロイドを塗って 治り次第 シアバター&オリーブオイルのクリームを腿部分だけでなく脚全体に塗ってマッサージをしていこうと思っている。

と、2つの薬を貰ってきた。

IMG_6130.JPG

宮川先生も以前 スズメを保護 でも1年で死んだそうだ
そうこうしていたら宮川女史ドクターも現れ3人になった

で いろいろな話を1時間弱ほど話もした。

また いろんな質問もされた
例えば

住んでる所は どんな環境か?
木はあるか?

ケージの状態、ご飯の詳細、保温や部屋の環境

んで、食事と温度が長生きの秘訣では など そんな事を言ってはった。
なるほど 温度管理と食事

ペペウが保護された時は、雨やったんで 即効ヒヨコ電球で温めた
それが良かったんだろう

ただ先生は、ペペウが5年と7ヶ月ってのをなかなか信じへんかった
2回も ホンマに5年 って聞かれたなぁ

診察後は、軽やかな気分だ ほんま良かったわ

そして今ペペウは、無事に10年目指してご飯を食べている
良かったな、

パピネンも心配して大声で鳴いたら ペペウも大声で返していた
こいつら仲良しやん と思った。

そして 人間AとBから出るのは、深い溜息・・・それは 心地よい溜息やった
ホットしたわ

今日は仕事 休みたいぜ・・・・・・・・(なんてNGかな?)

3.4日後 病院へ電話しないと・・・(経過報告してくれとドクターが言ってはったんで・・・)

心配してくださった 皆さんホント ありがとうございます。
ペペウは今日も健在です。

 
| 保護スズメ ぺぺう | 12:06 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...