ぱぴねん ぺぺう もふりこ ぱぴねん2
<< 小鳥フェス情報!2019年1月26/27日 神戸三宮コンベンションセンター | Main | パピネンの殿下ニュース! 白いカレーって ほんまかい 美山牛乳カレー >>
 

JUGEMテーマ:愛する小鳥たち

 

今日は最近ペットショップでもよく見かける大型の鳥のお話です。

 

昨日何気にヤフーニュース見てましたら、このような見出しのニュースがありまして『亀と同じ寿命にもう飼えない、捨てられる飼い鳥』

 

そうです最近問題なのがこのあまりにも長生きする鳥にもう飼えないと言う飼い主さん続出の現状があるのです。ペットショップは大型のオウムが売れるから売る。売る時に寿命が約50年あるなどとは言われません。

 

飼うほうももっと調べてから購入を決めて欲しいのですが、なかなかそんな考えの方は居られず。

 

いざ購入して、何か?問題が出て始めて、飼えないとなります。

 

 

 

まあ飼えなくなった理由もさまざま、一人暮らしされてて病気に入院する事になり鳥の面倒が見れなくなった、また飼い主が先に死んでしまうパターンも多いです。またトラウマ等で人間不信になり噛み付くと言った鳥も飼えなくなったの一つの例です。

 

そんな鳥さんを保護してお世話して再び里親を探す活動をしてられるのがTSUBASAです。

 

そんなTSUBASAには現在、たくさんの鳥がおりすべて寄付やボランティアでまかなわれていますが、やはり病院代やエサ代、薬等いろいろお金がかかります。

 

そこで現在、1週間限定でJAMMINとチャリティーされてます。アイテム1個買うごとに700円が寄付されるしくみです。どうぞ良かったらそれぞれリンクしておきますので、読むだけでも読んでいただけたらと思います。

 

先ずはヤフーから

『亀と同じ寿命にもう飼えない、捨てられる飼い鳥』

 

こちらはTSUBASA

TSUBASA

 

そしてチャリティをされてるJAMMINがこちら

JAMMIN

 

 

| 小鳥の病気 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://papinen.jugem.jp/trackback/1558
TRACKBACK

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...