ぱぴねん ぺぺう もふりこ ぱぴねん2
<< パピネンの殿下ニュース! 11月21日は大安 +巳の大吉日 | Main | 手作り柿パックの作り方 角質ケア効果抜群です >>
 

JUGEMテーマ:泳ぐ魚と暮らす

 

今日は10月〜11月にかけての我が家のベランダのメダカの様子と、約1年経ったシジミの様子です。

 

yukio1119 023.JPG

 

 

先ずは約1年経った小メダカのスイレン鉢のシジミです。ちっとも大きくならないし、たまに水菅みたいなの出してスーハーしてるぐらいで、面白くもなんとも無いんですが、頑張って水の浄化してくれてます。

 

とりあえず全部取り出したのがこちら。

 

yukio1119 021.JPG

 

相変わらず藻がついています。

 

ヒメタニシも居たんで一緒に取り出してます。このヒメタニシはチャームで購入しました。その時は藻がついてなかったです。どうやって藻を取って売ってはるんか?思います。1回目買った時は藻だらけやったから。今は何かの方法でこの藻をとってはるんや思います。

 

 

そして小メダカ達ですね、2つのスイレン鉢に居たのを1つにまとめました。2個もあると管理が大変なんでね。そんな小さいメダカの居るスイレン鉢、今年は思い切って家の中に入れることにしました。

 

そのまま入れた言う感じです。

 

yukio1128 029.JPG

 

 

家の中に入れてもこの寒い温度の中やし、やっぱ何を言うてもメダカは金魚に比べてラクなんで、汚れ等も少ないし管理はラクです。ニオイ等もせんし、どちらかと言うと水の流れと音が出来てエエ感じです。

 

春までと言う気持ちも気がラクです。

 

親メダカのほうは、ベランダの定位置に居られます。スズメが水を飲みに来てるみたいでフンがあったりしますが、水はスポンジフィルターのお陰でキレイです。

 

yukio1128 023.JPG

 

 

寒いので透明のプラスチックでフタをしてます。

 

生き物が居るとプラスチックの内側が結露するみたいで、そういうとこも面白いです。

 

yukio1128 030.JPG

 

 

そしてプラスチックの上に竹を置いてるんですが、竹を置くだけで温度はさらにぬくくなるようです。なんか凄いわ。そんなスイレン鉢のスポンジフィルターはやっぱ詰まるのでマメな掃除と管理は必要かなあとか思ってます。

 

そんなこの親メダカのスイレン鉢には病気の子が居ったのです。その病気の子は身体の内側から腫れてるような症状やったんですが、スポンジフィルターをつけたからか治ってきました。

 

これがね最初は全く変化無くやったんですが、温度が下がり始めた頃から症状が治まってきまして、後は身体がささくれたみたいな部分が治るだけとなりました。

 

yukio1128 033.JPG

 

その病気の子が上に写ってるメダカ。

 

いつも群から離れておったので内緒でコソっとご飯やったりしてたんです、本人も自分が特別なんだと分かるみたいで、必ず来ます。

 

とりあえず動画内にスポンジフィルターの掃除の様子等ありますので、興味の出た方のぞかれてみて下さい。あと、1つにまとめたスイレン鉢の水面ですね、これもキラキラと光ってキレイです。

 

 

 

 

メダカ関連記事

スーパーに売ってるシジミを入れたらメダカの水が透明になった

スイレン鉢に入れたシジミのその後約4ヵ月後

スーパーのシジミ君その後5ヵ月後とスイレン鉢こんな感じで置いてます

スーパーのシジミをメダカのスイレン鉢への入れ方

10月に入れたシジミは全滅しましたが、4月に入れたシジミは元気です

 

メダカ鉢に入れたスーパーのシジミ1年経ちました

京都の真夏36度の炎天下の中スーパーのシジミは元気です

メダカのすんづ君とブライダルベールでメダカのスイレン鉢の水の浄化

ベランダのメダカ睡蓮鉢にスポンジフィルターで水の流れを作る

親メダカのスイレン鉢にスポンジフィルターつけたら水がすごく綺麗になった

屋外メダカの究極の寒さ対策と約1年経ったシジミ達

 

 

 

 

| スーパーのシジミとスイレン鉢のメダカ | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://papinen.jugem.jp/trackback/1546
TRACKBACK

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...